ユビキタスソフト株式会社HOME >> 製品紹介 >> Production Master 機能概要

Production Master 機能概要

Production Masterの概要


PruductionMasterは、AjaxやSilverlightなどの最新のWeb技術により開発され、受注から出荷まで工場の生産関連業務全般をカバーする統合型生産管理パッケージです。
  • 今までのExcel管理から移行される、お客様でも“解りやすく”、“使いやすく”、“短期間で導入”でご利用頂ける生産管理パッケージです。現在の工場の状況(基準値の精度)に合わせた、ステップバイステップの導入が可能となっております。
  • また、「海外に進出さえる日系製造業」や「海外と取引のある製造業」の皆様に、ご利用戴く機能を標準実装しており
    マルチ言語機能(3ヶ国語辞書登録)、輸出製品の保税機能、多通貨対応、インターネットによる遠隔操作などの機能に加えて、東南アジア、東アジアの導入では、サポート拠点をご利用頂く事が可能となります。
  • ProductionMasterを導入する事により、「豊富なオプション製品」や「システムソリューション」の組み合わせにより、会社全体の統制を考えた、SmallERPの構築が可能となり、経営全体の見える化を実現致します。



Production Master全体機能


生産方式:個別受注生産、仕込生産、部品仕込生産(BTO生産方式)
手配方式:製番手配、MRP手配、マニュアル手配、発注点発注
生産計画バケット:日バケット
生産計画立案:受注登録、受注見込、生産計画、内示
扱い品目:見込生産製品、仕込生産製品、半製品、加工部品、購入部品、客先支給部品、ダミー品



Production Masterの特徴


ステップアップ導入 在庫や基準値の精度が整わなくても利用でき、徐々に精度をあげていく事により、ステップバイステップで生産管理としての完成度を高めていく事ができます。
ステップアップ導入詳細へ >>
PDCAサイクル管理 もっとも重要視される「PDCA」の一連の管理サイクルをいつでも容易に行う事が可能となり、Action-Checkの部分を、リアルタイムに把握し迅速な対応や業務改善により、生産性の向上に結び付けます。
状況・異常把握
/見える化
標準で用意されている標準決済申請フォームの他に、新たに申請フォームを登録し、 任意の項目を追加することができます。
KPI指標 経営判断に必要なKPI指標や月次統計資料を、グラフで見たり、ダウンロードして解析できます。
迅速な経営デシジョンメーキングをサポートします。
海外工場に強い
  • 中国・タイ・マレーシアにサポート拠点があり、東アジア・東南アジアをサポート
  • 中国手冊管理:輸出製品のための保税輸入部品、非保税部品の別に在庫を管理、親製品の保税、課税別に部品の保税部品、非保税部品の自動選択展開機能
  • マルチ言語対応:画面表示ラベルはログインユーザーごとに3カ国語まで対応 仕入先向け注文書(複数言語)、社内使用の作業指示書の言語など切り替え可能
インターネット対応
  • クライアントPCには、ソフトのインストールが不要。更に、クライアントの性能に依存される事がない
  • Webカメラなどの組み込みも容易
  • Webシステムのデメリットであった操作性を改善、ブラウザ印刷機能なども使用でき、高い操作性を実現
  • インターネット、イントラネットによる拠点間の接続が可能
使いやすさ
  • データベースに独自の管理項目を増やすことが可能
  • 画面の見出し項目を自社の呼び方に変更が可能
  • 負荷状況などをグラフ表示
  • 生産計画をExcelライクな表イメージで入力
  • 関連する情報が簡単に表示される。「発注時の注残情報」「単価推移」「ボリュームディスカウント情報」「予定在庫推移」など
  • Ajax、Microsoft Silverlightなどの最新技術を採用。オフィスサポートオプションにより、より高い拡張性を実現

業務対象範囲 業務対象範囲詳細へ >>
機能一覧 生産管理(Production Master)は、プロフェッショナルな機能をわかりやすく、現状業務に合わせた、ステップバイステップの導入が可能
機能一覧詳細へ >>
基準情報の関連性 品目情報、部品情報、作業区情報、工程情報、工順情報
基準情報の関連性詳細へ >>
オプション一覧 さまざまなニーズにお応えするオプション
オプション一覧詳細へ >>
ハード・ソフト構成 当システムはWEBシステムです。
サーバー(WEB,アプリケーション,データベース)を設置して、イントラネットまたはインターネット経由で各クライアントから利用できます。
ハード・ソフト構成詳細へ >>
2009年3月新規

top